数学を学んで思うこと

最近、線形代数や微分について学ぶ機会があった。

数学は大学受験の時に勉強していたが、

大学が文系だったこともあり、

大学生になってからは、数学とは疎遠になっていた。

数式の証明を読んでいく時、なぜそこからそうなるのか理解できないことがある。

それは定義という前提条件が抜けている時である。

定義は概念的なものが多いというのと、

こういう風に捉えるというものなので、それが抜けていると理解できなかったりする。

自分が読んでいる本の説明が良いのかもしれないが、考えやすくするために、

具体例から考えて、一般化、抽象化されている。

数学のエッセンスを日常生活、仕事に取り入れて行きたい。