卵について思うこと

卵を食べるには、いくつもの選択肢がある。

生のまま食べることもできるし、焼いたり、茹でたり調理をして食べることもできる。

例えば、卵焼き、目玉焼き、ゆで卵、卵かけご飯 などが思いつく。

また、卵が含まれている料理に範囲を広げれば何個も思いつくだろう。

ここであることに気がつく。

同じ素材(卵)でも調理の方法によって、違う料理となるということである。

こと人間においても同じことが言えるのではないかと考えてみた。

ここで、調理の方法とは生き方のことであり、どのように時間を使うかということに言い換えることができると思う。

つまり、プロセスによって、最終的にどのような人間になるかが変わってくるということである。

また、調理の方法を選択するには、最初にどのようなものを作るのかを決めておく必要がある。

つまり、どのように時間を使って生きていくかを選択するには、将来どのような人間になりたいかを最初に決めておく必要があるということになるだろう。