シュレッダーの気持ち良さ

私は勉強する時、仕事をする時に紙にメモすることが多い。

そのメモはある程度溜まったら、最終的には捨てている。

捨てる前にシュレッダーにかけるのだが、この作業が好きである。

自宅にもシュレッダーが置いてある。

なぜ持っているのかというと、個人情報の保護の観点からである。

親に住所などが印刷されているものを捨てるときは破いてから捨てるように

教わってきたので、今も個人情報が載っているものはシュレッダーにかけるようにしている。

シュレッダーをかけるときに、紙を入れ、最後まで噛み切ると鳴る音が気持ち良い。

仕事のメモの場合、一区切りまでメモを残したままにしておいて、

一区切りついたら溜まっていたメモを一気にシュレッダーにかける。

仕事が終わったという気持ちになるし、新しい仕事をしようという気持ちにもなる。

私が就いている仕事は、仕事の始まり、終わりが物質的に目に見えるものでないことが多いので、

気持ちの切り替えになっているのかもしれない。